2017年09月04日

ながとみさんふぃーばー?

9月に入り、朝や夕方は特に過ごしやすくなってきましたよね〜。
月いちブログも、早く更新せねば><ってことで、
早々に書くことにしました〜

なごみさんは今、『平和』についての学習を行っているようです。
ピース大阪という戦争についての資料館のようなところに行ったり、
国語でも戦争関連の文章を音読でぶつぶつ・・・
図工(?)だと思いますが、平和についてのポスターも書いてますぴかぴか(新しい)

母もそういえば小学6年生のときに広島に修学旅行にいき、
原爆ドームをみて、資料館でこわい思いをした思い出があります〜。

ちなみになごみさんの平和への願いをこめたポスター
IMG_20170904_210800.jpg

・・・・・・・・・目

ちょっと渋くないですexclamation&question
このポスターの下書き段階でね、
なごみさん、いつもならちゃっちゃとアイデアが湧いて
あっという間に絵をかくのにね・・・なかなかすすまないわけです〜。
先生に「考えすぎじゃない?」とまで言われたようであせあせ(飛び散る汗)

お友達は、地球かいてるのが多いらしく〜、そのうえに鳩とかお花とか人とか
いわゆる世界平和をイメージしたものが多いらしくて、
なごみさんの絵はちょっと異色な感じ、らしいです目


そして先日、国語の時間にね、
『原爆ドームを残したほうがよかったか、残さないほうがよかったか』

という討論が行われたらしいのです。
どちらかの自分の思う結論についての理由を述べて討論するのではなく、
なんなんでしょうね・・・学校って・・・
結論は自分で選べず、席だか班だかよくわかりませんが、
まずは勝手に結論をきめられて、それについての理由を考えて言わねばならなかったとか。

でね、なごみさんは
『原爆ドームは残さないほうがよかった』という結論の意見を言わねばならなかったそうです。

『原爆ドームは残したほうがよかった』というひとの意見はね、
やっぱりね、それを残すことによって戦争の悲惨さをいろんな人に知ってもらえる、
という類のことが圧倒的だったそうです。
そしてその戦争の悲惨さを知れば、戦争をしてはいけないとみんなが思い、
戦争が起こらないで平和でいられる、という意見へと繋がっていったそうです。


なごみさん曰く・・・・

もうね・・・母、ちょっと不謹慎にも笑ってしまったんですけどね、
いつもほんわか平和ぼけしてる中心人物のような明るいなごみさんがね、
だんだんイライラしてきたんですって・・・パンチ

「原爆ドームがあったら戦争が起こらない、とかありえないちっ(怒った顔)
ていうか、今でも戦争はなくなってないし、これからもなくならない。
原爆ドームを見て、戦争の悲惨さを知って、戦争がなくなるくらいなら、
もうとっくになくなっててもいいはずじゃない?
あの建物を見て戦争がなくなるなんて、ありえない。事実、なくなっていない。
それよりも、原爆ドームがあるから、余計に戦争を過去のこと、昔のこと、
他人事のように思ってしまってるひとも多いのではないかと思う。」

母ね、どんどんヒートアップしていくなごみさんの意見にちょっとびっくりがく〜(落胆した顔)


結局ね、その討論のあと、本当の自分の意見を言いたい人は
言ってもいいよ、っていう時間があったらしいのです。

そのとき、なごみさん、もう一度手を挙げて、意見を述べたらしいのです。
「『原爆ドームを残したほうがよかったか、残さないほうがよかったか』は、
私の本当の意見としては、どっちかわかりません。
ただ、原爆ドームが残っているほうが戦争が起こらない、なんてことはないし、
原爆ドームがあるからこそ過去の事件のように感じてる人もいると思う。
でも、悲惨さを知らないでいるよりは、いろいろなことを知っているほうが
やっぱり戦争を起こしたくない、という気持ちが湧くと思う。
昔、戦争中、赤紙がきて自分の子供が兵隊になっていくとき、
お母さんは喜んだか、というと、きっと違う気持ちだったと思う。
自分の子供やだんなさんや家族が死ぬために戦争にいくことを、
皆が天皇陛下のためだからと本心から喜んでいたとも思えない。
でも、みんながそう思っていなかったのかもしれないし、
みんながそう声を大きくして言えない時代だったから、戦争をしていた。
自分の国のひとだけではなく、相手の国のひとも、世界中のひとも、
戦争をしたくないと思わなければ、戦争は決してなくならないと思う。
原爆ドームがそのことにどこまで影響するか、は、正直わたしにはわからないので、
結論としてはわからないです。」


こうして、このあと、提出する自分の意見はね、
『原爆ドームは残したほうがよかった』『残さないほうがよかった』に加えて、
『どちらかよかったかわからない』という意見も書いてよいことになったそうです。

そして先生がね・・・
「今日はながとみさんふぃーばーでしたねわーい(嬉しい顔)」っておっしゃったとか・・・。
褒められたのか皮肉を言われたのかわかりませんが、
悩みのないような・・・それこそ常に平和ぼけしてるようなイメージのなごみさんが
この一件はひとつの例でして、最近ね、何かにつけてあれこれ自分の意見を言うように
なってきました〜あせあせ(飛び散る汗)
小学生とは思えないようなシビアな意見だったりすることも・・・がく〜(落胆した顔)

良いのか悪いのか・・・
ま、でもいろいろ考えるのは良いことだと思うしね、
シビアに分析するなごみさんも、母は成長の証?思春期??と内心驚きつつも
なかなかおもしろいなって思っております〜手(パー)













posted by なごママ at 23:00| Comment(0) | なごみさんの学校生活

2017年06月04日

闘うなごみさん♪

先週末、5月28日は小学校最後の運動会でした。
お天気は快晴晴れ暑い暑い一日でしたあせあせ(飛び散る汗)
今年もなごみさんは応援団をさせてもらえて、
mini_1496580947849.jpg

mini_1496580969309.jpg




憧れの団長にはなれなかったものの、終始笑顔で頑張ってました〜かわいい


組体操が諸々昨今の事情があって、なごみさんの小学校でももれなくなくなり、
そのかわり、5年生がエイサー、6年生がソーラン節、となりました。
どちらも『踊る』という要素のみならず、『武道』の動きも入っていたりして、
なごみさんはとっても喜んで練習し、本番にのぞんでおりました。

そんななごみさん・・・

5年生のときももちあがったので、今年も覚悟していたのですが、
練習すればするほど、一部のお友達にいろいろ言われるんですね・・・
空手でもセンターで号令をかける筆頭ですしね、声も大きいし、通るんです。
そのうえ、はりきって踊りますからね〜

「かっこつけすぎやろっ。」
「やりすぎちゃうんか。」

まぁね、思春期、反抗期、いろいろ複雑になってくるお年頃ですしね〜、
みんながいろいろ思うのは無理のないことなのかもしれませんが、
練習のたびに、あちこちで言われるわけですねあせあせ(飛び散る汗)

去年同じことを経験していたのでね、なごみさん、今年はそれなりに覚悟してたようで、
母に言いました。

「ママ、またいろいろ言われてるねん。
でも、最後の運動会を手抜きして後悔したくないから、なごちゃん、がんばるわっパンチ


・・・・・とはいえ、重なってくると辛くもなりますしね、ついつい愚痴も多くなった日、
母は言いました。
「なごちゃん、きっとね、ソーラン節、上手に踊れてるんだと思うよ。」
「え?なんで?ママ見てないやん??」
「でもさ〜、違うクラスの子とかが『かっこつけてる』とかいうんでしょ?
下手くそな子にそういうこと、言う?わーい(嬉しい顔)
きっと目立つほど上手に踊れてるんじゃないかなって思うわ。エイサーも上手だったやん?」

・・・まっ、「この親、ほんま親ばかでアホちゃうかexclamation&questionふらふら」って思うかたも
おられるかもしれませんが・・・大なり小なり差はあったとしても上手なほうだとは思うので
そう言ってやりましたっ。
毎日陰口ならぬ悪口と闘ってるんだし、
それくらい心に援護射撃してもいいかなっって思いましてあせあせ(飛び散る汗)

なんといってもまだまだ小学生〜わーい(嬉しい顔)
それを聞いて気持ちを明るくしたようです。
「どうしてもいろいろ言われて辛いなら、目立たないように手を抜いて踊ってもいいよ。
声も小さくしたらどう〜?」
と、そのあとに言いましたら、
「ううん、頑張るねん。精一杯頑張るexclamation×2


何度かそんな会話をして、おそらくお稽古の道中行き帰りに主人ともいろいろ話をして、
(↓主人のブログにも書かれてます〜
http://suigen.sblo.jp/archives/20170528-1.html
頑張ってはいたものの、ある日、とうとう辛さ限界で、
練習中に泣いてしまい、脱落した日もあるようです。
泣いて練習からはずれたなごみさんに向かって、
泣かせた友達たちはさらに悪口をつづけたそうです。
「あんなに泣くくらいやったら、
なかよし学級(←障害があるお子さんが通うクラス)いけばええねんexclamation×2
とまで言ったとか・・・。
子供から様子を聞いて、あまりにひどいなっておもった保護者のかたが
わざわざ教えてくださったんですけどねっあせあせ(飛び散る汗)

もちろん先生がたもフォローしてくださったり、支えてくれるお友達もいてくれるおかげで
なごみさん、最後まで腐らずに本番も頑張って踊ることができましたっ。

ソーランが始まって、どこになごみさんがいるのかわからないまま、
スマホを構えて3分程度たったとき、
ふと小さな画面の片隅に、ピシっとまっすぐ上がる手をみつけまして、
「絶対あれだひらめきぴかぴか(新しい)
ズームしてみると、やっぱりなごみさんでしたっぴかぴか(新しい)

とても楽しそうに、そして親ばかですがきびきびと、
そして大きな声で、踊ってました〜っるんるんグッド(上向き矢印)
そんななごみさんを見て、母・・・突然涙が・・・もうやだ〜(悲しい顔)
学校にいけない子供、だった時期もあるんですよぉ〜。
行けるようになってからも、何かあるたびに休憩して、
家族、先生、友達、そしてなごみさんの頑張りで乗り越えてきた小学校生活でした。
そのことをずっと知ってて、なごみさんのことを応援してくれてきたママ友さんが
撮ってくれた写真・・・
mini_1496580943236.jpg

いい笑顔で母、再びじ〜〜〜んもうやだ〜(悲しい顔)



そんな感動の運動会も終わり、日常が始まっておりますが、闘いは時々起こるようで、
クラスのリクレーションの時間にするゲームを決めるときに、
なごみさんが手を挙げ、ゲームをひとつ提案したらしいのですが、
それにいちいち反対して、ちゃちゃいれて、結局大混乱〜バッド(下向き矢印)
また泣いた、らしいです失恋
難しい年頃なのかなぁ〜exclamation&question
なごみさん、いちいちあつくて、優等生にみえて、うざい、とかなのかなぁ〜あせあせ(飛び散る汗)
運動会と違って、たかがゲームの提案で、
なごみさんも絶対そのゲームをしたい、とかでもないわけだから、
提案を取り下げます、でいいんじゃない?って言っちゃいましたたらーっ(汗)
そしたら、翌日、『ふりかえりノート』みたいなのに、
『自分は提案もしていないくせに、一生懸命考えて提案してるひとに向かって、
文句ばっかり言うのはおかしい。それも手を挙げて反対意見を言ってないのもおかしい。』
ていうのを書いてる子が何人かいたらしく、
それを先生が名前を言わずに読みあげた・・・らしいですけどねっ。

この年頃にしてはまだまだ真っ直ぐに一生懸命ななごみさん・・・
こういうことひとつひとつに闘っておられますパンチ
応援しかできないけどね・・・
母は頑張らなくてもいいと思ってるんだけど、とにかく笑顔で、
残りの小学校生活を過ごしてもらいたいと願うばかりです〜手(パー)


posted by なごママ at 23:01| Comment(0) | なごみさんの学校生活

2016年06月03日

2か月ぶりの更新〜なのにお題は『母の失敗〜』

2か月もブログ更新があきましたっ。
我が家のだんなさんは毎日ブログをアップしているというのに、
どうしてこうもダメダメなのか・・・あせあせ(飛び散る汗)

4月から扶養内のパートさんから準職員さんへと
働き方をかえたことで、家事と仕事の両立のためには時間を効率よくつかい、
とにかく一分でも長く睡眠時間を確保したい母・・・
ついつい簡単にかけるFBでの記事投稿になってしまい、
気づけば2か月・・・がく〜(落胆した顔)
はいっ手(パー)言い訳でございます〜。

さてさて、2か月ぶりなんだから、素敵なことを書きたかったのだけど、
なんと今日は失敗話〜。

四月から小学5年生になった長女なごみさん・・・
担任の先生は四年生からのもちあがりでホッとしたのもつかの間、
どうもクラスはなごみさんにとって厳しい、ようです〜。
何が厳しいって、言葉がきつい、らしいんですね。
まぁ、メンバーがどうこうのみならず、おそらく年齢的なこともあると思うのですが、
なごみさんの愚痴を聞いていると、結構きつい、かな〜。
だから夜中にうなされたり、寝言いったり、泣いたりすることもたまにはあって・・・
だからといって母はどうにもしてやれず、愚痴聞いて励ましたり、アドバイスするのみ〜。

そして今日もね、運動会の練習の感想だか意見だかを先生にあてられて発言し、
その発言のしかたについて、数人の女の子たちにあれやこれやと言われた、とか・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・爆弾爆弾爆弾

母はだんだんイライラしてきてね、思わず言っちゃいました。

「なごちゃん、なごちゃんってテレビにでるひとに将来なりたいんだよね?」

「そうだけど。」

「ひとの前にたつ仕事につきたいんだよね?」

「うん。」

「じゃぁさ〜、もうちょっと強い心を持たないとなれないよ。
テレビにでてるようなひとってさぁ〜、みんなに好きって言ってもらえるんじゃないんだよ。
好きっていうひともいれば、嫌いっていうひともいるし、
あれやこれやと批判ばっかりされたりもするんだよ。
でもそういうのをいちいち気にしてたら、人の前にでる職業なんて絶対なれないわ。
誰にも何も言われたくないならさ〜、もっとおとなしくしてたらいいねん。
ひとつひとつの他人の言葉ばっかり気にするくらいなら
できるだけ発言せずに、みんなの言うことに賛成して、
目立つ人の批評をみんなと一緒に同じように相槌うっとけばいいねんむかっ(怒り)
自分がいいと思ってしたことをちょっとくらい批判されたからって
いちいち気にして落ち込んだり怒ったりするの、やめなさいっっちっ(怒った顔)

「私、トイレいってくる・・・バッド(下向き矢印)。」

静かにトイレにいって、そのまま上の部屋へ・・・。


はぁバッド(下向き矢印)もうちょっと優しく励ましてやればよかったなぁ・・・
今は毎日厳しい思いしてるんだから、
母くらい味方になって相槌うってほしかったんだろうに・・・
そして優しく応援してほしかったんだろうに・・・
もうね、我が娘がくら〜い顔してるところ、見てるだけでイライラしちゃって〜
ついついキツイ口調で言ってしまった〜ふらふら


ふぅ〜たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)心のなかで申し訳なく思う母でございます。
反省して寝よっと・・・もうやだ〜(悲しい顔)

posted by なごママ at 21:09| Comment(0) | なごみさんの学校生活