2017年09月17日

8か月を迎えた杏のお話

9月18日、台風が近づいている朝・・・
mini_IMG_20170917_075442.jpg

だけど、速度がゆっくりなおかげ(?)で雨も降らず、
朝は涼しい風のなかお散歩ができました足
mini_IMG_20170917_075552.jpg

杏・・・無事に0歳8か月を迎えました〜かわいい
mini_IMG_20170917_074419.jpg

良かったです・・・ほんと、当たり前に8か月になってるようだけど、
ほんっとに良かったなって思ってますたらーっ(汗)
死なせてしまうんではないか、と何回思ったことが・・・ふらふら

リアルタイムでは気持ちが凹み過ぎて書けなかったくらいで・・・

一番ひどかったのは・・・『廃油飲みました』事件。

仕事が終わって、疲れをどっと引きずりながらバスに乗り、
なごみさんからの報告をLINEで読んだとき、背筋が凍りました〜バッド(下向き矢印)

お台所にね、サラダ油を揚げ物やらで使ったあとの廃油を、サラダ油の空きボトルに入れて
4,5本・・・まとめてゴミ袋で覆って片隅に置いてあったんです。
そこに置いてあるものを食べてしまうのは、ワンコのみならず我が子であれ、
置いた親の責任っっむかっ(怒り)ってわかってます。
ティンクは食べ物以外見向きもしない子だったし、
母、それが問題な食べものである、という認識は一切なかったのですあせあせ(飛び散る汗)

杏はね、台所に入りこみ、ゴミ袋を噛みちぎってあけ、
サラダ油のボトルの蓋をさらに噛みちぎってあけ、
中の廃油を台所中にばらまきながら、飲みまくりました〜もうやだ〜(悲しい顔)
どんだけ飲んだかわかんない・・・
私が帰宅したときには、だんなさんとなごみさんとで片付けられていたしね、

母・・・ずっとスマホで『犬 廃油 誤飲 対処法』などいろいろ検索して
必死で読みました。

杏は5か所くらいで油で光りまくったものを直後大量に吐きまくり、
嘔吐が治まってからも、翌日の夜までう〇ちもぎとぎと光ってましたたらーっ(汗)
ネットによれば、そもそも食用油なので毒や危険物ではないので、
直後にたくさん吐いてるし、病院にいっても様子見と言われることが多いようなので
一晩中、うとうとしながら杏が動くたびに様子を伺って過ごしました。

mini_IMG_20170903_112051.jpg

正常なう〇ちにもどりほっとした翌日、気分直しに東吉野へ川遊びにいき、
きれいな清流に心癒された帰りの車中でね、
母となごみさんがレストランで夕食をとってる隙に、
おみやげに買っていたおかきの大袋を、袋をあけて一袋、食べきりましたっバッド(下向き矢印)

そんなことがあった数日後には夕食に作ったお肉とたまねぎの炒め物を、
一瞬宅配便がきて台所をでた隙に、きれ〜に食べられてしまいました。
たまねぎ・・・ワンコが食べてはいけない食材・・・もうやだ〜(悲しい顔)
丸ごと大きいのを1個入れていた、と思うと、
どうしたらよいかわからず、一気に泣けてきて、
なごみさんがすぐ駆けつけてくれなければ過呼吸一直線でしたっっ爆弾
mini_IMG_20170812_095636.jpg


そんなわけで・・・
mini_IMG_20170812_204232.jpg
まずは台所の調理スペースの開き戸に、もう1枚板を入れました。

「その高さではすぐ乗り越えるよっexclamation×2
って、だんなさんにも、FBのなかでハス友さんにも言われましたが、
戸が閉まってることが前提なので、乗り越える云々は関係なく・・・

問題は、戸が閉まっているときに、体当たりで戸を外してしまい、
斜めにずれた戸の隙間から台所に入るので、
もう1枚この板が冷蔵庫との隙間に挟まっていると、
この板が邪魔してくれて、隙間から入れないのです・・・。
mini_IMG_20170812_204923.jpg

『犬に生活を合わす』ことには否定的なだんなさんにとっては、
飛び越えてしまううえに、人が通るときにも邪魔な板は
ご不満のようでしたけどね・・・
mini_IMG_20170824_064409.jpg
母にとってはそれどころではない気持ちで、とにかく少しでも何とかしないと
杏を母の不注意で死なせてしまうのではないか、とこわかったです。

・・・とはいえ、杏も日々進化していきますからねぇ〜

だんなさん曰く、ほんっとに賢いらしく・・・
(賢いのはいいのか、悪いのか、わかんないですねぇ〜失恋


「杏は留守中、ゲージにいれなさいむかっ(怒り)

ふぅ・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
だんなさんの通告は絶対ですからね・・・。
一部屋だけでもフリーでいさせてやりたかったけど、またまたゲージ生活になってしまいました。

お友達のお話をきいてるとね、
ゲージやクレートで日中お留守番をしている子もたくさんいるんですけどね、
我が家はティンクが完全にフリーですから・・・
ひとりだけフリーでひとりはゲージ、っていうのがなんというか・・・
どうしても母にこだわりがでて、ひとりフリーなら同じように
フリーにしてやりたかったのです。
mini_IMG_20170908_193119.jpg

ゲージにきちんと入れるほうが災害時にもいいからっていう助言もあって
なんとか割りきって仕事に出かけてみたら、
最近はそんなにひどい状況でもなく・・・
トイレしたシーツはくしゃくしゃ(本人はきっときれいにしてるつもりわーい(嬉しい顔))に
端っこにたたんで寄せられ・・・
う〇ちはトイレトレーの端っこに微妙の外れたとこにして・・・
自分は汚れていない場所で寝てる、みたいわーい(嬉しい顔)です。

昼間ゲージ生活になったこともあり、母の気持ちとしてできることは、
やっぱりできるだけストレス発散してやることひらめきぴかぴか(新しい)だから
mini_IMG_20170911_071338.jpg

ティンクだけのときは、昔から朝の散歩はなかったんだけど
(ティンクは家の周りにフリーで外にいるのが好きなので、自由に遊べるしね足

mini_IMG_20170916_064806.jpg

朝と夜、なんとか2回、散歩するように頑張っています〜足足
mini_IMG_20170917_075240.jpg

朝、散歩するための時間の捻出は、なかなか大変でめげそうなときもあるんですけどね、
mini_IMG_20170917_080808.jpg

でも、ティンクもそれは嬉しいらしく、
お散歩バッグの前で足踏みされたりするしねっハートたち(複数ハート)
mini_IMG_20170917_081122.jpg

歩いてる途中に突然杏に襲われることもお約束のようにあるんですけどねちっ(怒った顔)
mini_IMG_20170917_075355.jpg

ほんとは二頭引きのリードで颯爽とお散歩に行きたいのにぃ〜むかっ(怒り)
mini_IMG_20170917_075347.jpg

そんな日はいつくるのやらふらふらって感じです〜。


そんな日々を過ごしてたら、数日前、FBでフードのことを質問されててね、
私が杏にあげてる量は、か〜な〜り、少ないことが発覚exclamation×2がく〜(落胆した顔)

昨日、かかりつけ医の定期健診では杏15.6kg ティンク23.6kg。
先生に相談したら、杏は痩せすぎではないけど、
今の時期は食べたいだけあげる時期だった・・・らしくあせあせ(飛び散る汗)

台所に入って食べるものを漁るのは、いつもお腹がすいてるからじゃexclamation&question
という指摘もお友達や先生に言われ・・・

もうね、またまた母凹みまくり〜〜〜〜〜〜〜バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

早速、フードの量を2回から3回に増やし、
90gの1回の量も120gくらいに増やしたんだけど
そうすると一気にやわらかう〇ちへ・・・ふらふら
本人はもっと欲しそうなくらい大喜びなんだけどねったらーっ(汗)

もうね、ティンクのときもこんなに悩んだのかなぁ〜exclamation&questionって思うくらい
泣いたり凹んだり怒ったり・・・
でもね、杏は初めて小さいときから関わった犬だから、
こわくない〜〜〜〜〜〜!
がうがうしてても、何をしてても、口元もどこもかしこも触ることがこわくないっって
最近気づいたの〜グッド(上向き矢印)
でもティンクはこわかった・・・そのこと自体が実は悩みだったんだよね〜あせあせ(飛び散る汗)
今も、がうがうしてるときのティンクはちょっぴりこわいような気がするしね。

杏が我が家へきた当初、不器用なティンクが杏を受け入れてくれて、
優しくしてくれる姿をみて、さらにティンクへの愛おしさが増していってたのですが、
最近はね、杏への愛おしいという気持ちもどんどん大きく膨らんでるのを感じています〜ハートたち(複数ハート)
だからこそね、いつか命にかかわるような出来事にならないように、
杏の食べ物に対する教育(拾い食い、とかもね)もちゃんとせねばっっですね手(パー)

mini_IMG_20170917_153133.jpg
とはいえ、今日はなごみさんとシャボン玉してたら
mini_IMG_20170917_153125.jpg
シャボン玉も空飛ぶ食べ物に見えたようでしたけどねっっふらふら
まだまだ教育には時間も労力もかかりそう・・・ですたらーっ(汗)
















posted by なごママ at 21:27| Comment(2) | ハスキー犬・ティンクと杏

2017年09月09日

努力が色を変えた日♪

月一度更新と公に開き直っていたブログですが、
とっても嬉しいことがあったので、なごみさんのことをまたまたアップしちゃいます〜黒ハート

本日は水源流拳法のお稽古日〜。
お稽古の最初に先月の昇級試験の結果発表が〜〜〜〜ぴかぴか(新しい)
mini_IMG_20170909_180313.jpg

はいっっ手(パー)立派に合格exclamation×2
mini_IMG_20170909_180656.jpg
宗家の珍しい褒め言葉「点数がとても良かったよ。」と言われての
飛び級の紺帯へ昇級グッド(上向き矢印)
mini_IMG_20170909_180559.jpg
小学校6年・・・最後の年も、子供部筆頭の座を守り抜き、
演武披露会へと臨むことになりました。
なんというか・・・こつこつと積み上げた努力の成果、というべきか、
筆頭として演武披露会でのセンターでの号令を守り抜く執念、というべきかわーい(嬉しい顔)

なごみさんが紫帯になってから、なんと2年半がたとうとしています。
紫帯はふたつの級があるんです。
だから、本来は今回の試験では帯の色が変わらないはずだったのです。
補足するならば・・・紫帯にはね、
夏の白蓮会館の試合の優勝で特別昇級をしたお友達と、
もうひとり、今回の試験で昇級したお友達がいたんです。
だから、3名が紫帯・・・exclamation&questionってことも充分ありえたのですが、
なごみさん・・・そこは筆頭として?宗家の娘として??
最近ではね、小さいときからずっと嫌でも怖くても逃げずに積み上げてきた
拳士としてのプライドがありましてね・・・
絶対に飛び級して帯の色を紺帯にあげて上にあがろうと思っていたようであせあせ(飛び散る汗)

それこそ学校でも、公園にいっても、ドッグランにいっても、
型やってましたしね・・・
試合が終わったあとも、大人部の二部連に週3日通ってましたから、
ほんっとに努力が実ったからだと思います。

先日の昇級試験・・・
ビデオに撮っておられた門下生のママさんにお借りして、
アップしてみました〜。
母は最近仕事が忙しくて、土曜日しか付き添いしてなかったので、
実は昇級試験のなごみさんの姿をみて、とっても驚いたんです。
もうね、おそらくそこにいた誰もがこの結果に納得していると思いますぴかぴか(新しい)
組手の試験はね、大人部のベテランの拳士にお相手していただきました。
日頃、おもいきり組手をできる状況ではないので、
試験でありながらも、とっても楽しかったようです。







そして今日、さらに宗家からの驚くべき言葉・・・
「なごみさんはこのままの調子で頑張ってさらにレベルアップできれば、
この冬にもう一度昇級試験を受けれるかもしれないな。」

なごみさん、冬の昇級試験で、再度の飛び級を狙い、黒帯を目指すそうです〜。
水源流拳法初の黒帯が、子供部の拳士であり、
なおかつ、立ち上げ当初右も左もわからない2歳だったなごみさんだなんて、
夢にも思っていなかったことが現実になってきました。
母はもう応援しかできないんですけどね・・・。
努力はこうやって結果につながるということを信じて、
もうひとつ望む色に変えてもらいたいと思います〜ハートたち(複数ハート)
mini_IMG_20170909_183349_10CS.jpg

posted by なごママ at 23:46| Comment(0) | 水源流拳法

2017年09月04日

ながとみさんふぃーばー?

9月に入り、朝や夕方は特に過ごしやすくなってきましたよね〜。
月いちブログも、早く更新せねば><ってことで、
早々に書くことにしました〜

なごみさんは今、『平和』についての学習を行っているようです。
ピース大阪という戦争についての資料館のようなところに行ったり、
国語でも戦争関連の文章を音読でぶつぶつ・・・
図工(?)だと思いますが、平和についてのポスターも書いてますぴかぴか(新しい)

母もそういえば小学6年生のときに広島に修学旅行にいき、
原爆ドームをみて、資料館でこわい思いをした思い出があります〜。

ちなみになごみさんの平和への願いをこめたポスター
IMG_20170904_210800.jpg

・・・・・・・・・目

ちょっと渋くないですexclamation&question
このポスターの下書き段階でね、
なごみさん、いつもならちゃっちゃとアイデアが湧いて
あっという間に絵をかくのにね・・・なかなかすすまないわけです〜。
先生に「考えすぎじゃない?」とまで言われたようであせあせ(飛び散る汗)

お友達は、地球かいてるのが多いらしく〜、そのうえに鳩とかお花とか人とか
いわゆる世界平和をイメージしたものが多いらしくて、
なごみさんの絵はちょっと異色な感じ、らしいです目


そして先日、国語の時間にね、
『原爆ドームを残したほうがよかったか、残さないほうがよかったか』

という討論が行われたらしいのです。
どちらかの自分の思う結論についての理由を述べて討論するのではなく、
なんなんでしょうね・・・学校って・・・
結論は自分で選べず、席だか班だかよくわかりませんが、
まずは勝手に結論をきめられて、それについての理由を考えて言わねばならなかったとか。

でね、なごみさんは
『原爆ドームは残さないほうがよかった』という結論の意見を言わねばならなかったそうです。

『原爆ドームは残したほうがよかった』というひとの意見はね、
やっぱりね、それを残すことによって戦争の悲惨さをいろんな人に知ってもらえる、
という類のことが圧倒的だったそうです。
そしてその戦争の悲惨さを知れば、戦争をしてはいけないとみんなが思い、
戦争が起こらないで平和でいられる、という意見へと繋がっていったそうです。


なごみさん曰く・・・・

もうね・・・母、ちょっと不謹慎にも笑ってしまったんですけどね、
いつもほんわか平和ぼけしてる中心人物のような明るいなごみさんがね、
だんだんイライラしてきたんですって・・・パンチ

「原爆ドームがあったら戦争が起こらない、とかありえないちっ(怒った顔)
ていうか、今でも戦争はなくなってないし、これからもなくならない。
原爆ドームを見て、戦争の悲惨さを知って、戦争がなくなるくらいなら、
もうとっくになくなっててもいいはずじゃない?
あの建物を見て戦争がなくなるなんて、ありえない。事実、なくなっていない。
それよりも、原爆ドームがあるから、余計に戦争を過去のこと、昔のこと、
他人事のように思ってしまってるひとも多いのではないかと思う。」

母ね、どんどんヒートアップしていくなごみさんの意見にちょっとびっくりがく〜(落胆した顔)


結局ね、その討論のあと、本当の自分の意見を言いたい人は
言ってもいいよ、っていう時間があったらしいのです。

そのとき、なごみさん、もう一度手を挙げて、意見を述べたらしいのです。
「『原爆ドームを残したほうがよかったか、残さないほうがよかったか』は、
私の本当の意見としては、どっちかわかりません。
ただ、原爆ドームが残っているほうが戦争が起こらない、なんてことはないし、
原爆ドームがあるからこそ過去の事件のように感じてる人もいると思う。
でも、悲惨さを知らないでいるよりは、いろいろなことを知っているほうが
やっぱり戦争を起こしたくない、という気持ちが湧くと思う。
昔、戦争中、赤紙がきて自分の子供が兵隊になっていくとき、
お母さんは喜んだか、というと、きっと違う気持ちだったと思う。
自分の子供やだんなさんや家族が死ぬために戦争にいくことを、
皆が天皇陛下のためだからと本心から喜んでいたとも思えない。
でも、みんながそう思っていなかったのかもしれないし、
みんながそう声を大きくして言えない時代だったから、戦争をしていた。
自分の国のひとだけではなく、相手の国のひとも、世界中のひとも、
戦争をしたくないと思わなければ、戦争は決してなくならないと思う。
原爆ドームがそのことにどこまで影響するか、は、正直わたしにはわからないので、
結論としてはわからないです。」


こうして、このあと、提出する自分の意見はね、
『原爆ドームは残したほうがよかった』『残さないほうがよかった』に加えて、
『どちらかよかったかわからない』という意見も書いてよいことになったそうです。

そして先生がね・・・
「今日はながとみさんふぃーばーでしたねわーい(嬉しい顔)」っておっしゃったとか・・・。
褒められたのか皮肉を言われたのかわかりませんが、
悩みのないような・・・それこそ常に平和ぼけしてるようなイメージのなごみさんが
この一件はひとつの例でして、最近ね、何かにつけてあれこれ自分の意見を言うように
なってきました〜あせあせ(飛び散る汗)
小学生とは思えないようなシビアな意見だったりすることも・・・がく〜(落胆した顔)

良いのか悪いのか・・・
ま、でもいろいろ考えるのは良いことだと思うしね、
シビアに分析するなごみさんも、母は成長の証?思春期??と内心驚きつつも
なかなかおもしろいなって思っております〜手(パー)













posted by なごママ at 23:00| Comment(0) | なごみさんの学校生活